Bayblade Burst

今Tomoyan家に、にわかにブーム到来しているのが

ベイブレード・バースト。

Img_1036_r 
こんなんです。

ベイブレード・バーストとはベーゴマを現代風にアレンジした

「改造ができるバトル専用ゴマ」で、コマ本体は

レイヤー・ディスク・ドライバーの3パーツで構成されており

それぞれの組み合わせで、アタック型やディフェンス型というふうに

特性を自分好みに改造できるんですよね。

我が家にあるベイブレード(=ベイ)はこの四つ。

Img_1037_r 
左から

ビクトリーヴァルキリー.B.V(アタックタイプ 次男坊専用機)

ネプチューン・アームド・ゼファー(バランスタイプ 長男坊専用機)

ヴァルキリー・ウイング・アクセル(アタックタイプ Tomoyan専用機)

スプリガン・スプレッド・フュージョン(バランスタイプ 長男坊専用機)

先にパーツの組み合わせで、特性が変わると書きましたが、

我が家にあるこの4つのベイのパーツを組み替えるだけでも本当に特性が

変わるんですよね。スタジアム(1枚目の写真の白いでっかいやつ)の

中を激しく動き回るようになったり、逆におとなしくなったり。

相手に対する攻撃性があがったり、防御力があがったり。

我が家のこの4つのベイの中から最強ベイの組み合わせを探し出すのも

アツかったりします。なかなか奥が深いやないの。

Photo 
そして専用のランチャー。

ベイをランチャーにセットしてひもを引けばかんたんにベイを

回すことができます。

なのですぐさまバトル開始が可能!

で!

何とも現代風なのが、これ!

Img_1038_r 
ベイロガーなる代物。

Img_1039_r 
こんな感じでランチャーにセットします。

と、何やらLEDランプがピコピコ点灯しとりますよ。

この状態で、ベイを回した後、タブレットに接続すると。。。

Img_1040_r
専用アプリが起動し、シュート回数やシュートパワーやらの情報を

アプリで管理できるわけですよ。あとは、持ってるパーツの管理ができたり

友達通信機能を持ってたり、大会の出場記録が取れたり。。。

Img_1041_r 
アプリからの通信でベイの特性が見れたり。。。

もう、子供のおもちゃの域を超えてますがな。

そんなこんなで、今日もTomoyan、長男坊、次男坊の3人による

アツいバトルが繰り広げられるのであった。

ベイブレード バースト で遊んでみた スローモーションVer.
YouTube: ベイブレード バースト で遊んでみた スローモーションVer.

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック