S2000の封印を解く!?

S2000(AP1)の悩みどころと言えば、吸気温度の高さ。

この時期、吸気温60℃なんて平気で越えてしまう。

と言うのも吸気温センサーがアルミ性サージタンクに取り付けてあり

エンジンが発熱→サージタンクに熱が移る→センサーもあっちっち。

と言う構図らしい(ちなみにAP2のセンサーはサクションホースに移動)

AP1は吸気温40℃で補正が入るらしく、温度が高くなればなるほど

パワーがでなくなっていくと。

40℃なんて暖気直後で越えますけど??

つまりこの時期は常に補正が入った状態なんですね。

それって封印ですやん!!

やっぱり男子たるもの、性能が100あるなら100出したい!!

そうなると、この吸気温を下げるってのがAP1の定番チューンになるわけです。

で、その定番チューンとしては

Mugen 
無限のようなエアクリを投入してバンパーから(ラジエターより前から)吸気。

S2000_ap2_2 
AP2のサクションホースを流用し、センサーを移設。

(こっちは吸気温を下げるというよりはセンサーが暑くなるのを防ぐ感じ)

などなど。

安価にすむのはもちろん後者。

僕もサクションホース流用&センサー移設をやってみようかと思いました。

そこで悩むのが、はたして弊害はないのかということ。

多くの方がやられていて実績もあるので、問題はないと思うのですが。

僕も一応技術者のはしくれなんで色々考えてみるにホンダと言うメーカーが、

「作ってみたら、センサーがあっちっちやった!!やっべ!」で

済ましてるとは思えないんですよね。S2000が量産に至るまでに

この設計思想で散々テストし、セッティングを煮詰めてきているはず。

結果としてAP2はセンサーが移設されているけれども、それはAP2の

スロットルシステムやCPUがあって実現されているものであって、AP1のシステムで

AP2と同じ位置に移設しちゃうのは問題ないのだろうかと僕は不安に

なっちゃったわけです(ずぶの素人なんでお詳しい方はスルーしてください)

そんなわけで「吸気温下げたい、でもセンサーの移設はちょっと不安」

とモンモンとした日々を過ごしていました。

と、いつもお世話になっているRFYさんのBlogを読んでたら何ともタイムリーな

製品が発売されたではないですか!!

その名も「エアーテンプガスケット(仮)」。

サージタンクとセンサーの間に断熱性の高いガスケットを挟んでやることで

センサーに熱の影響が出るのを抑えようという商品。

でさっそく買いに行ってきました。

Dsc_0120 
いつ見てもかっこいいやまもっちん号。

僕の理想形のS2000です。

「そんなにのぞいてもなんも出んよ(笑)」

と言われるまでのぞいてきました。

ガスケットの取り付け方から始まり、マフラー製作の話、サーキット走行の

話、チューニング話などなど、しばらくお話しして楽しんできてしまいました。

Img_3508 
こちらがゲットしたエアーテンプガスケット(仮)

さっそく今週末にでも取り付けてみます、さぁ効果はどんな感じなんでしょう!

たのしみ~。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック