ASM S-Special Type-Tインプレッション

Asmsspecialtypet
マフラー欲しいな~って某動画サイトでS2000の排気音を聞きまくってた

ときにこのマフラーの排気音を聞いて、一発で惚れました。

でもなかなか某オークションや中古ショップでも見れずあきらめていた

ところに良いお話があり、後先考えずに飛び着きました(汗)

そんなASM S-Special Type-Tのインプレッションを素人なりにして

みたいと思います。素人なんであくまで参考程度にお考えください。

まずサウンド編。

【アイドリング】

エンジンをかけると「ボォーーーーー」っとマフラー換えてます的な

低音がします。でもいやらしい低音ではなく、よく調律されたような

耳馴染みが良く感じれるきれいな低音。

エンジンが温まるまではそこそこ音量ありますが、温まってしまえば

アイドリングは静かなもんです。純正並みか以下な感じです。

【走行音-車内】

3~4千回転までは、これまたマフラー換えてます的な音です。

これぐらいの回転数を使う街乗りでは、マフラーを換えてる感を

味わえるレベルの音量ですが耳障りな感じの音はしないです。

アクセルオフの時の篭り音が純正に比べて耳障りではないです。

4~6千回転ぐらいは純正をちょっと音量を上げて、高音寄りにした

ような音。6千回転以上になってくると、エンジン音が勝ってくるので

マフラーの音は聞こえにくいです。

【走行音-車外】

兄に運転してもらって、外から走行音を聞きました。

見通しの良いところでは、アクセルを踏んでなかっても2~300m先から

マフラーを換えてるってのは分かります。次にそこそこ踏んでもらって

目の前を通り過ぎてもらいます。「コォーーーーーーーン」と高音寄りの

音で目の前を走りぬけて行きます。

うるさ過ぎず、静か過ぎず、けど綺麗な排気音でマフラーを換えたことを

しっかりアピールする。予想通り車内よりも、車外で走ってくる/行く音を

聞く方がいい音がしてると思います。

これがユーロサウンドというものなのかな?

次に機能編。

【機能】

純正のタイコ前のとぐろのようなものがない分、抜けは少し良いようです。

AP1はもともと触媒もマフラーも抜けが良いようなんで、びっくりするような

変化はなかったように感じますが、4~5千回転のパーシャル状態からの

吹け上がりは良くなったと思います。

予想外な効果だったのが、軽量化。

純正マフラー:23kg(HYPER REV調べ)

Type-T:18Kg(Tomoyan調べ)

その差5Kgほど。

純正マフラーはその重量のほとんどがタイコ側に寄っており、つまり

リアタイヤより後ろ、リアオーバーハングが重くなってるんですね。

数値的にはびっくりするほど軽くなったわけではないけど、リア周りの

動きが良くなりました。

皆さんが軽量マフラーを求めている理由がよく分かりました。

Type-Tは軽量の部類には入らないでしょうけど、それでも感じは

良くなりましたからね。

【まとめ】

音量的には静かな部類のマフラーですが、しっとりと落ち着いた音質の

音がしてると思います。幌を開けた状態を想定して開発してあるのか、

幌を開けた状態がとてもいい雰囲気です。

ますます幌を開けて走ることが増えそうなマフラーです。

閉めた状態だと低回転域の低音しか聞こえないです。

そして色々インプレしてて思ったこと。

。。

。。。それは

。。

。。。

俺のS2000かっけーーーー!!

オーナー馬鹿発言です、スミマセンm(_ _)m

走ってくる愛車の姿、音は写真や停まってる姿では伝わらない物が

あったんです。

重ね重ねオーナー馬鹿発言です、スミマセンm(_ _)m

皆さんもぜひ自分の愛車を友人に運転してもらい、愛車の走ってる姿を

眺めてみましょ~!!おススメです(笑)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック