結縁潅頂 その②

先日、高野山真言宗総本山金剛峯寺で体験した結縁潅頂。

簡単に説明すると(僕も詳しくないですが)

結縁潅頂は仏様の世界を表す曼荼羅(まんだら)に向かって華を

投ずることにより、仏様(密教の尊い教え)と縁を結ばせて(これが《結縁》の意味)

いただき、阿闍梨様から大日如来の智慧の水を頭の頂より注いで

(これが《潅頂》のこと)いただくことによって心の中に本来そなわっている仏の心

と智慧を導き開く儀式だそうです。

う~んむずかしい!!

僕はまったく宗教には興味がなかったので、ドライバーに徹して母親が儀式に参加して

いる間は、そこら辺で時間でも潰していようと考えていましたが、同行していただいた

ご住職に配慮していただき参加することができました。

いざ参加してみると、境内の凛とした雰囲気は心が落ち着き、参加した厳格な儀式では

心が洗われるような気さえしました。

日本人が古来から崇拝してきたものの神秘的な雰囲気に少し興味を持ちました。

Img_3396_2

Img_3398

Img_3433

Img_3473

Img_3437

Img_3470

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック