タイヤローテーション

先週末は風をひいちゃったので、自転車トレーニングはお休みしてました。

一日家で引きこもっているのも、もったいないので約10ヶ月乗って少し

センターが平たくなってきたタイヤのローテーションをしてみました。

組み合わせは

ホイール:ULTEGRA WH-6700

タイヤ:HUTCHINSON FUSION2

IRCのホームページを見ながら早速やってみます。

(使ってるタイヤはHUTCHINSONですが。。。)

エア抜いて、ビードをはずして、リムのセンターに落として。。。

「えいっ!!」

とタイヤを押してみますが、リムから外れそうな気配がありません。

「またまた、そんなわけあれへんがな」

「ぬぅおりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

と力いっぱい押してみますが、やっぱりリムから外れる気配はなし。

ホームページの動画はあっさりはずして、すごく簡単そうにやっているのに。

一旦はあきらめ、とりあえず普通のタイヤレバーを慎重に使ってに元に戻すことに。

(IRCはタイヤレバーは専用品以外の使用を禁止しています)

この日の収穫は、

「素手での交換は絶対無理!!」

ということが分かったこと。

次の日、急いで専用のタイヤレバーを入手して、再度交換作業を再開。

Img_1606

エアを抜いてビードをはずし、15~20cm程の間隔でタイヤレバーを差し込んだら

Img_1607

2本同時に倒します。するとパコンとあっさりビードがリムから外れました。

「前日、あんなに苦労したのに。今も手、めっちゃ痛いのに。。。」

悪いことは言いません、最初から専用タイヤレバーを使いましょう。

Img_1609

ある程度ビードが外れたら、隙間から中に残っているシーラントを抜きます。

後は、タイヤを外して、ビードやタイヤの中、ホイールのリムにこびり付いて

いるシーラントをキレイにとって、取り外しの作業完了。

次は、タイヤを前後入れ替えてホイールにはめ込んでいきます。

素手でハマらないところまで来たら、彼の出番です。

Img_1612

タイヤレバーのはめ込み側を使ってリムにはめます。

こちらも素手の時とは大違いで、パコンとあっさりハマります。

「前日、あんなに苦労したのに。今も手。。。。。。。。。。」

タイヤをホイールにはめることができたら、バルブ周りのビートを

リムにはめます。そして、タイヤ全周のビードをリムセンターに落とすよう

に整理する(両側のビードをリムのセンターで合わせるようなイメージ)

と、空気を入れると自然とビートがリムにハマってくれます。

初め、このことが分からなくていくら空気を入れてもシューシュー抜けて

ビードがハマりませんでした。

初めてチューブレスのタイヤ交換してみましたが、なかなか大変でした。

高いものではないので、是非タイヤレバーを使ってください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック