鈴鹿8hエンデューロ

参加してきました、鈴鹿エンデューロ!!

Suzuka

今回参加してきたのは、7時間エンデューロ(ソロ)。

これは

AM7:03~PM12:03までの5時間 と

PM15:00~PM17:00までの2時間 の合計7時間で鈴鹿サーキットを走り倒します。

一緒に参加するプルーさんとAM0:00のサーキットオープンと同時に入り、車中泊で

数時間の仮眠を取って体調を整えて、レースに臨もうという計画。

シルバーウィークと言うこともあり、渋滞につかまりサーキット入りしたのが、AM1:30。

さっさと寝る準備をして、いざ就寝。

。。。

プゥ~~~ン。。。

プゥ~~~ン、プッ。。。。。。。。。。。。。。。プゥ~~~ン。。。

やつです、です。

どうやら窓の隙間から入り込んできたようです。1時間やっつけようと頑張りましたが

退治できず、根負けして仮眠はあきらめました。その間僕はがっつり血を吸われたのですが

プルーさんは案外平気な様子でスヤスヤ[E:sleepy]

「君の血には、殺虫成分でも入っているのか!?」と思いつつ車から退散しました。

来年車中泊を考えている方は、蚊取り線香や虫除けを持っていくことをお勧めします。

結局、一睡も出来ないままエントリー時間となり、バタバタとピット設営やドリンク/補給食

の準備、そしてスタートの時間となりました。

スタートラインへ向かうとコースを埋め尽くす、人、自転車、人、自転車、人、自転車。

なるほど、確かに国内最大規模のサイクリングエンデューロイベントです!

今回の目標は

①プルーさんについていくこと

②半分以下の順位で完走すること。

この目標を達成できるか、ドキドキしながらスタートまでしばらく待ちます。

AM7:03 レーススタート!7時間の長丁場です。

シケイン、130R、スプーン、西ストレート、ヘアピン、デグナー、ダンロップなどなど

テレビで見たコースを逆周りとはいえ実際に自分で走れることに感動!

車でも走ることは出来ますが、自転車だと本当に全身で鈴鹿サーキットを感じることが

出来ます。モータースポーツ好きにはたまらない瞬間です!!

それにコース脇にテント張ったりできるのもこのイベントぐらいでしょう(笑)

090922_141931

ピット脇のこんなところからでも撮影できちゃいます。

090922_141947

ピットエリアだって走れちゃう。

実際に走ってみると案外高低差があることにビックリ!

一番低いところは第1コーナ、高いところはスプーンカーブ、その高低差約45m。

ホームストレートなんてずーっと上ってます、しかもシケイン手前でけっこうな勾配になります。

レース後半になるとココがかなりしんどい!シケインまで上ると次はスプーンカーブ手前

まで下ります。僕の場合はココで40~50km/hぐらいのスピードになります。

スプーンカーブへ上って(ココもレース後半はつらいポイント)、少しの下り上りをはさんで

ヘアピンカーブ。ココからまた下って25R、デグナーカーブ。この25Rへの進入はけっこう

スピードが乗っているので、なかなか迫力があります。そしてダンロップカーブからは

第1コーナーまでの下り、ココでは50~60km/mぐらいのスピードになります。

これで、1周。TVでは案外高低差は分からないものですね。

エンデューロ=耐久レースだから、ダラダラと走ってゴールを迎えるのかと思えば

そうじゃない。やっぱり少しでもペースを上げたい、でも体力がなくなれば元も子もない。

だから、走り方だって考えないといけないし、自転車でもライン取りでその後の展開が

ずいぶんと変わります。集団についてドラフティング(車でいうスリップストリーム)を使えば

体力を温存することが出来ます。補給食を食べるタイミングも考えます。

ま、なんせエンジンが自分自身だから

最低限の負担で、最大限のペースアップを!

を実現するためにいろいろ考えないといけないわけです。

エンデューロレースとしては、昨年の「秋の中山3時間耐久レース」以来2回目。

前回は走りきるだけで精一杯でしたが、今回はなにやら色々策を練る事を覚えました。

自転車レースってほんと戦略も重要なスポーツです。

で、前半戦5h。

始めはプルーさんについていけてましたが結局途中で離れてしまいました。

その後、猛烈な眠気に襲われた為、急遽ピットイン。休憩もかねて少し寝ることにしました。

(自転車に乗りながら寝そうになったのは人生初です)

その後、数回のピットインをし、5h終了!

休憩しながらパンフレットを見ているとなんと、ケータイで途中結果が確認できるシステムが

あるらしい。で、さっそく確認。いや~便利な時代になったもんです。

確認するとプルーさんとは1周遅れ、順位で5位差。うむむ。。。後半頑張らねば!

休憩中にちょっとぶらぶらしてみました。いろんなブースが出てました。

090922_141707

これはMAVICのブース。

090922_141732

いや~それにしてもすごい人です、ブース以外でもいっぱい人がいます。

PM15:00 後半戦2hのスタートです。

今回は積極的に集団に入ってみることにしました。あわよくばプルーさんとの差を

埋めれたらな~と思ってみたり。集団に入るとやはり狙い通り体力を温存したままペースを

上げることが出来ます。これは良い列車に乗れたと思いつつ、時々先頭を引っ張り、

ゴールを目指します。が、しばらく走ってると後ろからさらに速いペースの集団が

やってきました。すると集団がミックスされ、さらにペースが速い大集団となってしまいました。

「もうついて行けん!」と集団から脱落し、離れていく集団を見送ってると、集団の後方に

ちゃっかりプルーさんがのっかってました。「あぁ~差が広がっていく~」

集団とプルーさんを見送った後は、ちっちゃな集団を作ったり、一人旅となったり。

そして2h終了!!

いや~疲れた!さすがに7時間は長かった!

2hの結果はプルーさんと1周遅れ、順位で8位差。

総合結果はプルーさんとは2周遅れ、10位差でした。

まだまだ彼には遠いか。。。でもとりあえずの目標である半分以下の順位には

入れたのでヨカッタ、ヨカッタ!!

鈴鹿サーキットを走る少ない機会で、しかも丸一日走り倒せちゃうイベント。

参加料は少し高いけど、来年も参加したいと思うイベントでした。

そして実はプルーさんと決めたもう一つの隠れ目標があります。

それは7時間で200km走ること!

はたしてそれは達成できたのか!?

≪走行データ≫

走行距離:212.12km

走行時間:7:18:12

Ave.スピード:29.0km/h

Maxスピード:--.-km/h

Ave.ケイデンス:68rpm

Totalケイデンス:29800回転

Ave.心拍数:152

MAX心拍数:200

消費カロリー:7588kcal

と言うわけで、200km走破達成できました!一日での走行距離200kmはもちろん人生初!

1年間頑張った成果かな?嬉しい限りです。

Img_0242

200kmをともに走りぬいた愛車も洗車。おつかれさま!!

この記事へのコメント

  • nob

    こんばんは!
    鈴鹿、楽しめた様ですね。
    お疲れさまです。
    記事を読みながら自分が走った鈴鹿の映像が脳内に浮かんできていました!
    1年で200越えも同時達成で凄い。
    ゆっくり休んで里山に備えましょう!
    というか里山がリハビリみたいなものですね。
    しかし濃いシルバーウィークでうらやましいなぁ〜(笑)
    2009年09月24日 03:18
  • ARA!

    鈴鹿お疲れさんでした!
    一睡もせず行った広島は疲れたけど、
    自力で走る鈴鹿は・・・考えただけでも恐ろしい。
    さぁ、次は里山やね。
    のんびり・ゆったりと里山の風景を楽しんでください。とりあえず、前夜祭は我が家でということで・・・御馳走持参ヨロシク!
    モンスターハンター3大会やりましょう!
    そして!
    10月は大山やで~!
    2009年09月24日 11:39
  • Tomoyan

    nobさん>
    鈴鹿楽しかったです!
    7時間なんでかなりハードでしたが、でも来年も参加したいと思えるイベントでした!
    次は里山ですね、濃い~シルバーウィークはまだまだ続きます(笑)

    ARA!さん>
    またまたお世話になります。前夜祭楽しみだ~!!濃いシルバーウィークのトリが里山です。昨年出たくて出れなかったのですごい楽しみです!!
    2009年09月24日 22:26
  • プルー

    お疲れちゃんでした。
    7時間も鈴鹿サーキット走り回ればその時はもう走りたくない!と思ってしまいますが、終わって振り返ってみるとまた新たな決意が生まれて来年も走ってやろう!攻略してやろうと思ってしまいます。
    もっと強くなって次回もがんばりましょう!
    もちろん来年も負けませんがヽ(´∀`)ノ
    2009年09月26日 16:18
  • Tomoyan

    プルーさん>
    お疲れさんでした!
    鈴鹿よかったです、ほんと7時間も走ればかなりお腹いっぱいになりますが、でも来年も走ろうと思いますね。
    来年こそは、ちみの前でゴールするっす!
    2009年09月28日 00:05

この記事へのトラックバック